電光掲示板の案内を見つめる利用客ら=17日午後6時55分、JR宇都宮駅

 17日午後1時56分ごろ、東京発新函館北斗・秋田行き東北新幹線はやぶさ・こまち21号(17両編成)が宮城県内の仙台-古川間を走行中に停電が起き、非常ブレーキが作動し緊急停車した。ほかの列車も立ち往生し、上下線で運行を約6時間停止した。秋田、山形、上越新幹線なども運休や遅れなどダイヤが大きく乱れ、約15万人に影響が出た。

 車両の電気系統にトラブルがあったとみて、JR東日本が詳しい原因を調べている。