吉川さんに画面越しで取材する熊倉さん=14日午後、栃木市入舟町の栃木高

画面越しに吉川さんの話を聞く生徒=14日午後、栃木市入舟町の栃木高

吉川さんに画面越しで取材する熊倉さん=14日午後、栃木市入舟町の栃木高 画面越しに吉川さんの話を聞く生徒=14日午後、栃木市入舟町の栃木高

 小惑星探査機「はやぶさ2」の来月の地球帰還を前に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)でプロジェクトのミッションマネジャーを務める吉川真(よしかわまこと)さん(58)=栃木市出身=を全国各地の高校生がオンラインで取材する会が14日、開催された。吉川さんの母校・栃木高の生徒も参加し、プロジェクトの意義などについて先頭を切って質問した。

 はやぶさ2は、岩石試料の入ったカプセルが来月6日にもオーストラリアで回収される予定。取材会には約15校の約100人が参加した。