任期満了に伴う宇都宮市長選は15日に投票があり、即日開票される。立候補しているのは、弁護士で無所属新人の須藤博(すどうひろし)氏(77)=立憲民主、共産、社民推薦=と5選を目指す無所属現職の佐藤栄一(さとうえいいち)氏(59)=自民、公明推薦=の2人。

 一騎打ちとなった選挙戦は、新型コロナウイルス対策や次世代型路面電車(LRT)事業を含むまちづくりのあり方などを巡り、論戦が繰り広げられた。

 須藤氏は現市政への批判票と無党派層をどこまで取り込めるかが鍵となる。佐藤氏は支援団体の支持を固め、組織力を生かした運動を展開してきた。投票率も焦点の一つ。2016年の前回選挙は41.53%だった。

 投票は午前7時から午後8時まで市内100カ所で行われ、同9時20分から市体育館で開票される。

 7日現在の選挙人名簿登録者数は43万377人(男21万5259人、女21万5118人)。