チーム2位の4得点を挙げるなど成長著しいバックスのFW大椋=10月25日のホーム東北戦より

ジャパンカップ順位表(13日現在)

チーム2位の4得点を挙げるなど成長著しいバックスのFW大椋=10月25日のホーム東北戦より ジャパンカップ順位表(13日現在)

 アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは14日から、日光霧降アイスアリーナでひがし北海道、王子、横浜とのホーム6連戦に臨む。国内5チームのリーグ戦「ジャパンカップ」は各8試合を終え、バックスは通算6勝2敗の2位。今季最後の日光シリーズで白星を重ね、来年1月からの後半戦に弾みをつけたい。

 ジャパンカップは勝率で争い、同率の場合は直接対決の成績や60分間の勝利数などで順位を決める。当初は12月27日までの4回戦総当たりだったが、アジアリーグの中止に伴い8回戦総当たりに変更。現在、バックスは勝率0.75で王子と並び、直接対決で敗れているため2位となっている。