鹿笛での接触事故防止のイメージ

 相次ぐ電車とシカの接触事故を防ごうと、東武鉄道(東京都)は13日から、試験的に東武日光、佐野、東上線の3路線を走行する一部電車に、人には聞こえない超音波を発する「鹿笛」の取り付けを始めた。シカが嫌がる超音波を発して線路外に逃がし、接触事故の減少を狙う。

 東武鉄道によると、鹿笛は長さ5.5センチ、幅2.4センチ、高さ2.8センチ。筒状で空気が通り、時速48キロ以上の速度になると超音波を発する。約400メートル先まで届いて列車の接近をシカに伝え、線路上から逃がす仕組み。先頭車両の下部に2種類の鹿笛を取り付ける。

 東武鉄道の全路線と、相互直通している野岩、会津鉄道線内では2017年4月から20年3月の3年間で、85件の電車とシカとの接触事故が起きた。このうち約8割の67件が日光線の新栃木駅以北で発生し、佐野線や東上線でも接触事故が起きている。

 シカは列車の走行でレールなどに付着した鉄分をなめに線路内に来るとされ、鹿笛の導入で衝突事故を減らし、運休などのダイヤの乱れや車両の破損を防ぐ。

 導入する3路線では、運行する半数から3分の1程度の先頭車両に鹿笛を取り付ける予定。今後、効果を検証する。東武鉄道の担当者は「お客さまにご迷惑をお掛けしないよう、鹿笛で接触事故を減らしたい」と話している。