ターゲットジャンプ

開脚着地

ターゲットジャンプ 開脚着地

 体育でおなじみの「跳び箱」が苦手な子もいるのではないでしょうか。跳び箱は(1)助走する(2)ロイター板を強く蹴る(踏み切り)(3)跳び箱から着地する-といった一連の動作を、いかにテンポよくこなすかというコーディネート力が問われます。今月は跳び箱を上手に跳ぶためのトレーニングを紹介します。

■ターゲットジャンプ

 何回でもOK

 (1)目標となるコーンやペットボトルなどを四つ用意し、1メートルほど離れた二つのラインを作る。

 (2)片方のラインに片脚で立つ。腕を大きく振って前のもう1本のラインに向かって跳び、両足で着地する=写真上。慣れてきたら二つのラインの距離を少しずつ伸ばす。

 【応用】片脚でジャンプし着地した後、さらに低めの踏み台の上に飛び乗ると、跳び箱の一連の流れをつかみやすい。

 【効果】ロイター板を踏み切る動作を身に付ける。

■アンクルジャンプ

 10回×3~4セット

 (1)脚を腰幅に開いて、膝を使わず足首の力で軽くジャンプする。

 (2)足裏の親指の付け根にある膨らみ(母指球)で着地し、ジャンプを続ける。

 【効果】跳び箱に跳び移る感覚をつかむ。

■開脚着地

 何回でもOK

 (1)柔らかいボールを用意し、パートナーに踏み台から少し離れた場所に立ってもらう。

 (2)踏み台の上に、脚を肩幅より広めに開いて乗る。

 (3)ジャンプと同時に、パートナーがおへそくらいの高さにボールを投げる。

 (4)ボールが股の間を通るように両手でたたきつけながら着地する=写真下。

 【効果】跳び箱を跳ぶ一連の流れの基礎を学ぶ。

 (藤本千晶(ふじもとちあき)・セントラルフィットネスクラブ宇都宮トレーナー)