県高校野球連盟は12日、来年3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会の21世紀枠本県推薦校に、秋季県大会準優勝の石橋を選んだと発表した。同校の推薦は4年ぶり2回目。

 秋季県大会でシードだった石橋はエース篠崎晃成(しのざきこうせい)を中心とした堅守で勝ち進み、準決勝で作新学院に3-2で逆転勝利。決勝は国学院栃木に5-6で惜敗し、本県2位代表として出場した関東大会では1回戦で東海大相模(神奈川1位)に0-7で七回コールド負けを喫した。