投開票速報総合リハーサルを行う職員=12日午後、県庁

 15日投開票の知事選を控え、県選挙管理委員会は12日、投開票速報総合リハーサルを県庁で実施した。県選管職員34人が参加し、投開票日の選挙情報公開の流れを確認した。

 リハーサルでは、実際に各市町選管から投票者数や開票結果に関するデータをオンラインで受信。受信データに記入漏れなどがあった場合には、市町側の担当者に電話で連絡し、不備を指摘した。

 投開票日は、県選管が各市町からのデータを基に報道機関へ情報提供するほか、県ホームページでも公表する。県選管の担当者は「迅速かつ正確な情報提供ができるよう努めたい」と話した。