高級品種のブドウ「シャインマスカット」を大量に盗んだとして、栃木県警捜査3課と佐野署は11日、窃盗の疑いで群馬県大泉町、ベトナム国籍、無職の男(37)=入管難民法違反罪で起訴=を再逮捕した。同課によると、「食べるために盗んだが、そんなに盗んでいない」と容疑を一部否認している。県警は、ベトナム人グループが関わっているとみて事実関係を調べている。

 再逮捕容疑は、氏名不詳者らと共謀し8月22日午前7時ごろから同24日午前7時ごろまでの間、佐野市上羽田町の果樹園でブドウ約150房(約15万円相当)を盗んだ疑い。

 県警によると、9月中旬夜、同署員が別の果樹園で不審な車両を見つけ、停車を求めると複数人が車を置いたまま逃走。緊急配備中に容疑者を発見し、旅券を携帯していなかったため現行犯逮捕した。押収したスマートフォンから被害に遭ったブドウとみられる画像が見つかり、事件への関与が浮上した。