高額で落札された旭酒造の日本酒「獺祭」

 大田原市産の酒米で醸造した旭酒造(山口県岩国市)の日本酒「獺祭(だっさい)~最高を超える山田錦2019年優勝米~」が10日、香港で開かれた国際競売会社サザビーズのオークションで容量720ミリリットルの6本が約76万~84万円で落札された。旭酒造の担当者は「日本酒がワインと同等の価値を認められ、自信になった。さらに世界に広めたい」と喜んだ。

 同社は「最高を超える獺祭」を目指した「山田錦プロジェクト」を進めている。酒米・山田錦を生産する全国の農家に今までの山田錦を超えるものに挑戦してもらい、評価の最も高い優勝米を市場価格の約25倍、1俵(60キログラム)50万円で買い取るコンテストを始めた。

 19年の第1回には全国から160件の農家が参加し、山田錦栽培研究所(下野市)に所属する大田原市乙連沢(おとれざわ)、坂内義信(さかうちよしのぶ)さん(56)が育てた山田錦が優勝米に選ばれた。旭酒造はこの優勝米で獺祭を造り、オークションに出品していた。

 同社によると、海外のオークションでは日本酒の知名度がまだ低く、ワインのように熟成を前提とした商品が少なく、投機的な価値で扱いがないこともあり、日本酒の出品はほとんどなかったという。