自動車の「もしも」、対処法学ぶ 栃木トヨペットがドライバー体験教室

 栃木トヨペット(新井祥司(あらいよしじ)社長)は23日、自動車運転時のトラブル対処法を学ぶ「もしも!のためのドライバー体験教室」を県内19店舗で開いた。

 宇都宮市不動前5丁目の宇都宮不動前店では約70人が参加。エンジニアがバッテリー上がりやパンク時の対処法を紹介した。

 水没事故の際、速やかに脱出できるよう脱出用器具「レスキューマン」を使ってガラスを割る体験も行われた。