第42回少年の主張全国大会で文科大臣賞を受賞した荒井さん

 第42回少年の主張全国大会-わたしの主張2020-の審査結果が8日、発表され、文部科学大臣賞に大田原市金田北中3年荒井千恵理(あらいちえり)さん(15)が選ばれた。文科大臣賞は、最高賞の内閣総理大臣賞に次ぐ賞。とちぎ未来づくり財団によると、本県代表者の全国大会出場は4年ぶりで、上位入賞は第21回の内閣総理大臣賞以来という。

 全国大会は新型コロナウイルス感染防止のためにウェブ開催とした。県大会などでの発表動画をエントリーし、書面審査を通過した12人が全国大会に進んだ。