トランプ大統領を破り、バイデン前副大統領が当選確実となった米大統領選。大国を二分し、今も混乱が続く激戦を県民はどう受け止めたか。「このまま落ち着くのか」と先行きを不安視する米国在住の本県出身者。県内在住の米国人は「不正投票があったのでは」「どちらが勝っても変わらない」とさまざまな見方を示す。識者は大統領選と同時実施の米連邦議会選の行方に気をもむ。

 宇都宮市出身でニューヨーク市在住の建築士徳江威彦(とくえたけひこ)さん(49)はバイデン氏に「トランプ氏は白人寄りのところがあった。それが緩和されるといい」と期待する。選挙の混乱を受け、繁華街にはショーウインドーに板を打ち付けて暴動に備える店舗もあるという。「今のところ平穏。ただ、このまま落ち着くのか分からない」と危惧する。