【小山】部下の仕事と家庭生活の両立を応援する管理職「イクボス」の普及を推進するNPO法人「ファザーリング・ジャパン」(東京都)が推進自治体を対象に今年実施した「第2回イクボス充実度アンケート」で、市が市区町村ランキングで4位となったことが9日、分かった。市が同日の定例記者会見で発表した。市は「市内企業と協力してきたことが評価された」などと分析している。

 調査は「イクボス宣言」をした都道府県や市区町村の具体的な取り組み状況を把握するのが狙い。「男性の育児休暇取得率」など約30項目を尋ね、スコア化してランキングにしている。今回の調査は2017年の初回以降の状況把握のため、今年3月末までに宣言をした228自治体を対象に同月末から半年間実施。37都道府県、87市区町村が回答した。市は今回が初回答となった。