もみじ谷を鮮やかに彩るイロハモミジの紅葉

 栃木県足利市西宮町の織姫公園「もみじ谷」で、紅葉が見頃を迎えている。秋晴れが広がった9日は、訪れた散策客が木々を見上げ、陽光に透けた色鮮やかな葉に見入っていた。

 もみじ谷は織姫山中腹の西側斜面に整備され、遊歩道脇に約1千本のイロハモミジが植栽されている。市市街地整備課によると、今年は10月末から色づき、今月20日ごろに掛けてピークを迎えると見られる。

 現在は1~9割程度に色づいた木々が、美しいグラデーションを描いている。友人と散歩に訪れた同市、主婦(67)は「空の青に鮮やかな赤、爽やかな風が気持ちいい」と汗を拭っていた。