交通安全願い園児ら行進披露 栃木署で交通安全広報出発式

 【栃木】秋の交通安全県民総ぐるみ運動初日の21日、栃木署署駐車場で交通安全広報出発式が行われた。

 栃木地区交通安全協会、安全運転管理者栃木地区協議会、県トラック協会栃木支部、鈴木俊美(すずきとしみ)市長ら関係者約200人が出席。管内の保育園園児たちが和太鼓や行進などを披露し、愛らしい姿で会場を盛り上げた。

 鈴木市長は「今日からより一層、気を引き締めてまい進していきたい」とあいさつ。寺崎耕(てらさきこう)署長は「本年度の管内の交通事故死者数は8人で厳しい状況。市民と一致団結して交通事故に歯止めを掛ける」と訴えた。

 式後に関係者ら30人が河合町交差点付近で、交通安全啓発チラシや「事故なし」の意味を込めナシを配布した。