女子団体決勝、国学院栃木-足利短大付中堅戦 足利短大付・権田が背負い投げで技ありを奪う=県武道館

 県高校新人スポーツは7日、県武道館ほかで柔道、ソフトテニスなどを行い、柔道女子団体は創部2年目の足利短大付が決勝で4連覇を狙った国学院栃木を1-0で破り初出場初優勝を飾った。白鴎大足利-国学院栃木のライバル対決となった男子団体決勝は、白鴎大足利が2-1で競り勝ち9連覇を達成。ソフトテニスは女子個人を行い、一ノ瀬舞美(いちのせまみ)・佐藤美々香(さとうみみか)組(白鴎大足利)が頂点に立った。