那須塩原市や日光市など3市町の宿泊施設で無断キャンセルをしたとして、8施設が予約した男女3人に計約278万円の損害賠償を求めた訴訟で、予約を指示したとされる女性と施設側の和解協議が6日、宇都宮地裁大田原支部で行われ、和解が成立した。