真っ赤に染まったヤマモミジ

 【那珂川】「フクロウ神社」で知られる矢又の鷲子山上(とりのこさんしょう)神社で、紅葉で真っ赤に染まったヤマモミジが見頃を迎えている。

 現在は午前中の日差しに映える「朝焼け紅葉」と呼ばれる樹齢約200年の木が見頃。同神社によると今年は例年に比べ色づきが早く、今週になって一気に紅葉が進んだ。6日は七五三の参拝に訪れた家族連れなどが紅葉狩りを楽しんだ。

 夕日に映える樹齢約250年の「夕焼け紅葉」も10日ごろから見頃を迎える予定で、ゴヨウツツジなども観賞できる。長倉樹(ながくらたてる)宮司(70)は「新型コロナで疲れた心を癒やしに来てほしい」と話した。

 21日夜には約1200年続く伝統の「夜祭り」も開催される。(問)同神社0287・92・2571。