破産開始決定を受けた上野楽器本社=4月、宇都宮市江野町

 音楽教室経営や楽器販売の上野楽器(宇都宮市江野町、桜本節雄(さくらもとせつお)社長)が東京地裁から破産開始決定を受けたことが5日、東京商工リサーチ宇都宮支店と帝国データバンク宇都宮支店の調べで分かった。両支店によると、開始決定日は10月28日で、負債額は約5億4千万円。販売不振が要因。

 東京商工リサーチ宇都宮支店によると、同社は1956年に設立された。「ヤマハ」の本県特約店として、宇都宮、大田原、下野市内などで音楽や英語の教室事業を柱に、楽器や楽書の販売事業なども手掛けた。