岩舟線の乗り入れ案

 【栃木】市は5日までに、市営コミュニティーバス「ふれあいバス」を佐野市に乗り入れる方針を決めた。岩舟線の一部を佐野プレミアム・アウトレットなどへ延伸する考えで、24日に開催予定の佐野市の地域公共交通協議会で了承されれば、両市が運行時間などの本格的な検討に入るという。栃木市は来年3月下旬の運行開始を目指している。

 栃木市の案によると、道の駅みかもを起点に東方面に運行している岩舟線を西方面に7.4キロ延伸。佐野プレミアム・アウトレットや佐野新都市バスターミナル、イオンモール佐野新都市に停留所を新設して佐野市へ乗り入れる。これに伴い、栃木駅などを含む岩舟線の全長は最大約30キロとなる。渋滞によるダイヤの乱れを考慮し、東回りと西回りを1日各4便程度、平日のみ運行する。