消火栓ホースを活用したトートバッグを持つ長谷川さん

再利用される消火栓ホース

消火栓ホースを活用したトートバッグを持つ長谷川さん 再利用される消火栓ホース

 【宇都宮】馬場通り3丁目のレザークラフトショップ「カモフラージュ」の長谷川正順(はせがわまさよし)代表(43)は、古くなった消火栓のホースを再利用してトートバッグを作っている。丈夫で防水効果があり、シンプルなデザインが好評という。長谷川さんは「廃材を活用した環境に優しい商品で、今の時代に合っているのでは」と話す。

 ホースの活用は8月、消火設備の施工、メンテナンスなどを手掛ける企業「ジェム・テクシア」(問屋町)から相談を受けたのがきっかけという。