鳥との共生をテーマにした珍しいイベント「ことりマルシェinとちぎ」が10月8日午前10時~午後4時、鹿沼市日吉町の飲食店「いぬかふぇまいら」で初めて開かれる。

 東京都港区に店舗を置く「ことりカフェ」の主催。飼い鳥のレスキューに力を注ぐNPO法人TSUBASA(つばさ)の松本壯志(まつもとそうし)代表が「鳥の不思議と素晴らしさ、そして難しさ~コンパニオンバードは生涯の家族」と題して講演。

 松本代表とNPO法人とちぎアニマルセラピー協会の永井亜希(ながいあき)理事が「鳥の社会化トレーニングとバードセラピー」をテーマに対談する。

 入場料300円。講演会は参加費3千円(飲み物代含む)で要予約。(問)いぬかふぇ まいら0289・60・6055。