「和豚もちぶた」で巻いた豚巻き串(手前)。肉のうま味が野菜などの食材を引き立てる

 「ついていない1日だった」。そんな日の夜、景気を付けるため、飲み屋に詳しい地元の人から「アットホームな雰囲気が魅力」と紹介された店に立ち寄った。

 代表の小堀孝夫(こぼりたかお)さん(50)は生粋の宮っ子。「生まれ育った街を活性化させたい」と2年前、オリオン通りの入り口近くに店を構えた。

Web写真館に別カットの写真

 看板食材は「和豚もちぶた」。豚バラ(税込み180円)や厚みのある豚タン(同180円)のほか、白モツ(同160円)などさまざまな部位がそろう。

 豚巻き串のメニュー(同250円から)はアスパラやトマトなど日替わりで楽しめるんやて。記者のお気に入りは、みそを塗った豚としそを巻いた「しそ巻き」。ほんのり甘いみそとしその香りが絶妙で、クセになるなぁ。

 「頭に浮かんだら実行」。次々と新メニューを考案する小堀さんが約2週間後のお披露目に先駆け、ぼんじり揚げ(同500円)を提供してくれた。しょうゆベースのタレが香ばしく、かむほど肉のうま味が堪能できるわ!

 おなかも心も満たされた県外出身の記者に「気軽においで」と声を掛けてくれた小堀さん。宇都宮の人の温かさに触れ、明日からまた頑張れそうや。

 メモ 宇都宮市江野町5の8タケカワビル6 地下1階。▽営業時間 午後5時半~午前0時▽定休日 日曜▽(問)028・611・3225