紅葉スポットとしても知られる日塩有料道路(もみじライン)=2015年10月29日、那須塩原市中塩原

 栃木県道路公社は4日までに、日光、那須塩原両市にまたがる日塩有料道路(もみじライン・龍王峡ライン)を12月11日に県へ移管し、無料化することを公表した。もみじラインは1972年の供用開始以来、48年間の料金徴収期間を終える。同公社管理道路の移管、無料化は2009年の那須高原有料道路以来。

 もみじライン(日光市藤原-那須塩原市中塩原、延長27.5キロ)は、鬼怒川温泉と塩原温泉を結ぶ観光・産業道路として整備された。秋は紅葉、冬はスキーを楽しむ観光客が多く利用してきた。