かれんに咲くイチゴの花=4日午前10時30分、佐野市植下町

 栃木県佐野市植下町の「佐野観光農園」の第一農場でイチゴの花が見頃を迎えている。

 同農場は例年、イチゴ狩りを楽しむ観光客でにぎわうが、昨年は台風19号で被災し期間を短縮。今年は新型コロナウイルス禍で実施を見送り、直売所「アグリタウン」などで販売するイチゴのみを栽培している。

 晴天に恵まれた4日、緑色の葉に囲まれた小さな白い花の周りではハチが行き来して花粉を運び、職員たちは太陽光を遮らないように余分な葉などを取り除く作業をしていた。

 同農園の関哲夫(せきてつお)取締役農園部長(53)は「生育は順調で、味も期待できそう。今月下旬には実が成熟する見込み」と話した。

 同農園のイチゴ狩りは、同所の「花の丘農場」で行われる。