野球独立リーグ・ルートインBCリーグは2日、今季のベストナインを発表し、東地区の栃木ゴールデンブレーブス(GB)から遊撃手で内山翔太(うちやましょうた)、外野手で若松聖覇(わかまつせいは)の2人がともに初選出された。

 内山は東地区最多の13本塁打と27盗塁をマーク。若松も3割3分5厘の打率を残すなど存在感を発揮した。内山は「選ばれたことを自信に変え、次のステップにつなげていきたい」、若松は「来季はもっと良い成績を残し、勝利に貢献したい」などとコメントした。