ソフトボール女子優勝の矢板中央

 県高校新人スポーツは2日までに大田原グリーンパークほかでソフトボールなどを行い、ソフトボール女子は矢板中央が宇都宮文星女を4ー3で下して連覇を達成した。

 矢板中央は3点を追う五回、2死から敵失を足場に益子那南(ましこななみ)の左前適時打などで3点を返して試合を振り出しに戻した。延長タイブレークの八回は飯塚雅妃(いいづかまさき)の右前適時打で1点を奪い、そのまま守り切った。