男子3連覇を狙う那須拓陽のエース海老沢=前回大会より

 男子第73回・女子第35回県高校駅伝競走大会は3日、カンセキスタジアムとちぎ(県総合運動公園陸上競技場、男子7区間=42キロ、女子5区間21キロ)で行われ、男子17、女子10チームが出場する。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年同様にたすきリレーを行わず、区間別に400メートルトラックを周回して合計タイムで順位を決める。学校関係者のみ入場できる。スタートは女子が午前9時半、男子が正午。男女の優勝校は全国大会(12月20日、京都市)、上位各6校は関東大会(11月21日、カンセキスタジアム)へ出場する。都大路への切符を手にするのはどのチームか、熱戦の行方を追う。

■男子

 那須拓陽、白鴎大足利、佐野日大の3校が激しく火花を散らす。

 3連覇を狙う那須拓陽は工藤巧夢(くどうたくむ)、海老沢憲伸(えびさわけんしん)のダブルエースが健在。調子を上げている手塚啓介(てつかけいすけ)を含め5000メートル14分台の選手を7人そろえ、総合力で頭一つリードする。