入野町長から表彰状や商品を受けた宗典君と妹の采佳ちゃん

ジュニアの部グランプリの上野莉音さん

入野町長から表彰状や商品を受けた宗典君と妹の采佳ちゃん ジュニアの部グランプリの上野莉音さん

 【市貝】道の駅サシバの里いちかいと同駅の直売所出荷組合が同駅駐車場で初開催した「サシバの里かかし祭り」の優秀作を表彰する表彰式が1日、同駅で行われた。一般の部最優秀のグランプリには上根、市貝小4年株田宗典(かぶたそうすけ)君(10)の作品が選ばれた。

 第1回の今回は一般の部に19点、中学生以下のジュニアの部に4点の応募があった。宗典君は学校でかかしまつりの開催を知って制作を決意。父昌彦(まさひこ)さん、母真理子(まりこ)さんの両親と妹の采佳(さやか)ちゃん(6)の4人で、弓を引く勇壮な武者姿のかかし「未来に矢を放て!」を作り、宗典君が一般の部に応募した。古着や牛乳パックなど家庭にある材料で楽しい作品に仕上げた。

 宗典君は図工が得意。「よろいにひもを通すのが大変だった。かぶとは全部自分が作った」と作品の出来栄えに満足そうだった。

 かかし祭りを発案した小堀一浩(こぼりかずひろ)支配人はあいさつで「規模を拡大して道の駅の名物にしたい」と来年の抱負を語った。