紅葉が見頃を迎え色づく古峯園=2日午後0時25分、鹿沼市草久

 栃木県鹿沼市草久(くさぎゅう)の古峯(ふるみね)神社にある日本庭園「古峯園(こほうえん)」で紅葉が最盛期となり、多くの人が足を運んでいる。

 広さ約8万2500平方メートルの回遊式庭園。大芦川の清流を引いた「峯(みね)の滝」周辺のモミジやドウダンが日に日に紅色を増し、カラマツ林は黄色に染まった。

 午後から時折小雨がぱらついた2日は、思い思いに散策する人やアマチュアカメラマンでにぎわった。写真クラブのメンバー12人と撮影に訪れた千葉県船橋市の元銀行員松山宏(まつやまひろし)さん(78)は「見事な紅葉で最高のタイミングに来られた。手入れも行き届いていますね」とレンズを向けた。

 同神社の担当者は「残暑が厳しかったものの、いい紅葉となりました。今週いっぱいがピーク」と話す。