JR那須塩原駅、DC向け新装へ 新幹線開業以来の改修

 JR東日本大宮支社は14日、2018年4月に本番を迎えるJRグループの大型観光企画デスティネーションキャンペーンに向け、那須塩原駅をリニューアルすると発表した。一部は9月上旬に着工し、本年度内に完了予定。同駅の大幅改修は新幹線駅が開業した1982年6月以来初めて。

 那須高原の牧場や自然風景を感じる空間を意味する「ナチュラルファームリゾート」のコンセプトに基づき、那須の自然を感じさせるしつらえとする。駅構内の店舗数は変わらない。

 新幹線コンコースの柱や待合室の壁・床などを木目調やれんが調にし「那須」をイメージさせる空間にするほか、在来線トイレの段差解消や女性トイレのパウダーコーナー整備などで使いやすいトイレに改修する。