宇商-宇中女準決勝 宇商の伊藤(左から2人目)が相手スパイクをブロック=県北体育館

作新-宇工準決勝 第1セット、宇工の小平(左)がスパイクを放つ=県北体育館

作新-宇工準決勝 第1セット、宇工の石井(左)がスパイクを放つ=県北体育館

文星女-国学栃木準決勝 第1セット、文星女の水沼(4)がスパイクを打ち込む=県北体育館

宇商-宇中女準決勝 宇商の伊藤(左から2人目)が相手スパイクをブロック=県北体育館 作新-宇工準決勝 第1セット、宇工の小平(左)がスパイクを放つ=県北体育館 作新-宇工準決勝 第1セット、宇工の石井(左)がスパイクを放つ=県北体育館 文星女-国学栃木準決勝 第1セット、文星女の水沼(4)がスパイクを打ち込む=県北体育館

 第73回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)県予選第3日は31日、県北体育館で男女の準々決勝と準決勝を行い、男子は足利大付と作新学院、女子は国学院栃木と宇都宮中央女が決勝進出を決めた。

 男子は前回覇者の足利大付属、同準優勝の作新学院がいずれもストレート勝ち。女子準決勝も34年連続の優勝を目指す国学院栃木と、宇都宮中央女がともに快勝した。

 大会最終日は1日、同体育館で男子決勝を午前10時、女子決勝を午後1時から行う。試合は保護者のみ観戦できる。