アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」は31日、各地で2試合を行い、HC栃木日光アイスバックスは北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで王子と対戦、2-5で敗れ今季初黒星を喫した。バックスの通算成績は4勝1敗。

 バックスは第1ピリオドから守勢となり2失点。第2ピリオドは3度のパワープレーを生かせず、逆に2点を失い突き放された。5点を追う第3ピリオド終盤に反撃し、14分にDF相馬秀斗(そうましゅうと)のプロ初得点と、FW寺尾勇利(てらおゆうり)のゴールで追い上げたが及ばなかった。

 次戦は1日午後3時から、同アリーナで王子と対戦する。