米中両国の国旗と「TikTok」のロゴ(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米ペンシルベニア州の連邦地裁は30日、米政府が11月12日に予定している中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の全面的な利用禁止措置を一時差し止める判断を下した。9月に別の連邦地裁がアプリの配信禁止を差し止めていた。対中強硬策を相次いで阻止され、トランプ政権には痛手となる。

 米政府はアプリを通じた個人情報の流出など安全保障上の懸念から利用禁止の必要性を主張したが、地裁は禁止することで原告の利用者らに「取り返しのつかない損害」をもたらすと指摘した。

 ティックトックは「利用者の支援に感謝する」とのコメントを出した。