11月8日告示、15日投開票の宇都宮市長選で、無所属での立候補を表明していた前市議西房美(にしふさみ)氏(83)=宇都宮市今泉4丁目=は30日、同市役所で会見し、立候補を断念することを明らかにした。

 西氏によると、10月中旬の立候補表明後、家族に猛反対され、供託金の調達も難しくなったという。会見で「(断念は)断腸の思い」と話した。

 同市長選には5選を目指す現職の佐藤栄一(さとうえいいち)氏(59)と、新人で弁護士の須藤博(すどうひろし)氏(77)が立候補を表明しており、両氏による一騎打ちの公算が大きくなった。