国の「Go To トラベル」事業で、宿泊予約の無断キャンセルが相次いでいることが30日、分かった。旅先で使える電子クーポンの不正取得が目的とみられ、赤羽一嘉国土交通相は警察と連携して対策を講じる考えを示した。