陸上自衛隊木更津駐屯地に到着した輸送機オスプレイ=7月、千葉県木更津市

 陸上自衛隊は30日、千葉県の木更津駐屯地に暫定配備している輸送機オスプレイが、11月6日以降に飛行を始めると発表した。当初は駐屯地内での離着陸やホバリング訓練をする。その後、駐屯地や関東周辺に飛行の範囲を広げる方針だ。岸信夫防衛相は30日の閣議後記者会見で「地元の声に真摯に耳を傾け、安全を万全にしていきたい」と述べた。

 木更津駐屯地には7月、オスプレイ2機が到着した。暫定配備は「5年以内」を目標とすることで木更津市と合意。防衛省は、最終的な配備地とする佐賀市の佐賀空港へ移駐する方針だが、地元漁協との調整が難航している。