レストランチェーンのフライングガーデン(小山市本郷町3丁目、野沢八千万(のざわやじま)社長)は28日、初の持ち帰り専門店「フラガ★デリカ」を群馬県桐生市へ出店すると発表した。12月上旬の開業を目指す。今回の出店を試金石として、栃木県内を含む多店舗展開を検討する。

 新型コロナウイルスの感染拡大で高まった持ち帰り需要に応えることが狙い。

 同社は、新型コロナによる国の緊急事態宣言を受け、休業や営業時間の短縮を余儀なくされ、売上高が減少した。外食を控える消費者の「巣ごもり需要」を掘り起こすため、既存店で持ち帰り商品を強化していた。一定の需要があったことから、持ち帰りに特化した専門店出店を決定した。

 店舗でも提供しているチキン料理やハンバーグのほか、ショウガ焼き弁当などオリジナル商品を提供する。主力商品の爆弾ハンバーグはメニューに含めない。

 同社の担当者は「従来のレストランにとどまらない業態を模索した。うまく行くか状況を見極めながら今後の展開を判断したい」と話している。