田野辺隆男氏

福田富一氏

田野辺隆男氏 福田富一氏

 任期満了に伴う知事選は29日告示される。立候補を予定しているのはいずれも無所属で、5選を目指す現職福田富一(ふくだとみかず)氏(67)=自民、公明推薦=と、元NHK宇都宮放送局長の新人田野辺隆男(たのべたかお)氏(60)の2人。福田氏の4期16年に及ぶ県政運営への評価や多選の是非、新型コロナウイルス対策、防災対策などを争点に、17日間の選挙戦に入る。投開票日は11月15日。

◇2020ダブル選挙特設ページ

 福田氏は午前11時に大田原市若松町の国道交差点で第一声の予定。日光、佐野、小山、宇都宮も回り、計5カ所で出陣式を実施する。

 田野辺氏は午前10時から宇都宮市上横田町の事務所で選挙運動をスタートする。同市中心部や地元の芳賀町で街宣活動を行う。

 選挙戦を前に両陣営は談話を発表。福田陣営は「県民の声を受け止め、誠実に着実に未来へつなぐ素晴らしい栃木県を築けるのは福田候補だけだ」と主張。田野辺陣営は「栃木を未来の日本のモデル県にしたい。長期県政の単なる継続では新しい未来は創れない」と訴えた。

 今回は、コロナ禍の中で行われる初の全県選挙となる。各陣営は大規模な集会や握手など従来型の選挙運動を控え、会員制交流サイト(SNS)などを活用した訴えにも力を入れる。期日前投票は30日にスタートする。