【いつ】10月9日
【どこで】栃木市大平東小(斎藤初代校長(さいとうはつよこうちょう))
【だれが】5年生47人
【学んだこと】新聞の特長(とくちょう)、記事の読(よ)み比(くら)べなど
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】山根莉奈(やまねりな)さん(10)「新聞ができるまでの動画で、すごいスピードで印刷(いんさつ)される様子が印象(いんしょう)に残(のこ)った。新聞について勉強して、いろいろな学習に役立つことが分かった。見出しに注目しながら記事を読(よ)み比(くら)べ、新聞社による書き方の違(ちが)いを踏(ふ)まえて自分の考えをまとめられるようになりたい」
黒子貴之(くろこたかゆき)先生(53)「視点(してん)の違(ちが)いなどによって記事の内容(ないよう)から扱(あつか)い方(かた)、写真の大きさなど大きく変(か)わってしまうことが理解(りかい)できた。児童(じどう)たちはとても熱心(ねっしん)に取り組んでいて、非常(ひじょう)に参考(さんこう)になったと思う。これからは記事を読んで記者の視点(してん)について考える子も出てくるだろう。新聞の読み方が変(か)わるきっかけになる講座(こうざ)だった」

[写真説明]新聞の読み比べなどを学んだ大平東小の5年生たち