27日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=104円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比04銭円高ドル安の1ドル=104円83~84銭。ユーロは20銭円高ユーロ安の1ユーロ=123円89~93銭。

 米国や欧州で新型コロナウイルスの新規感染者が急増していることを受け、朝方は安全資産とされる円を買ってドルを売る取引が先行した。その後は、日経平均株価が小幅な下落にとどまったことで円には売りも入り、方向感に欠ける展開となった。

 市場では「米大統領選や日銀の金融政策決定会合を控え、積極的に取引しようとする雰囲気が乏しい」(外為ブローカー)との声があった。