栃木ユナイテッド-FC毛野3回戦 後半3分、栃木ユナイテッドの吉田がシュートを放つ=南河内東部運動広場

ヴェルフェ矢板vert-野木SSS3回戦 後半2分、ヴェルフェの生田目が相手選手とヘディングで競り合う=南河内東部運動広場

モランゴ栃木FC-三重・山前FC3回戦 後半6分、モランゴの菊地がゴールを狙う=県グリーンスタジアムサブグラウンド

栃木ユナイテッド-FC毛野3回戦 後半3分、栃木ユナイテッドの吉田がシュートを放つ=南河内東部運動広場 ヴェルフェ矢板vert-野木SSS3回戦 後半2分、ヴェルフェの生田目が相手選手とヘディングで競り合う=南河内東部運動広場 モランゴ栃木FC-三重・山前FC3回戦 後半6分、モランゴの菊地がゴールを狙う=県グリーンスタジアムサブグラウンド

 第49回U-10栃木県少年サッカー選手権大会(県サッカー協会、下野新聞社など主催)は24日、下野市の南河内東部運動広場ほかで決勝トーナメント1~3回戦を行い、栃木ユナイテッド、ヴェルフェ矢板vertなどがベスト8へ進出した。

◇県少年サッカー特集

 大会は18日に開幕。117チームが38ブロックに分かれて予選リーグとなる1次ラウンドを戦い、各ブロック1位チームがこの日の決勝トーナメントに進んだ。

 同運動広場では、1回戦から登場した栃木ユナイテッドが3試合で10得点無失点と盤石の勝ち上がりを見せた。ヴェルフェ矢板vertは、野原クランディオスFC、野木SSSと実力チームを退けた。このほか県グリーンスタジアムサブグラウンドでは、ともぞうSCとモランゴ栃木FCが勝ち上がった。

 大会最終日は31日、宇都宮市サッカー場で準々決勝から決勝までを行う。決勝は午後1時キックオフ。