バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは25日、大田原市の県北体育館でSR渋谷と対戦、78-77で競り勝った。4連勝で通算8勝1敗として東地区首位に浮上した。

 ブレックスは34-37で迎えた第3クオーターにライアン・ロシターらの得点で62-52と逆転に成功。第4クオーターは追い上げられて終盤に逆転を許したが、残り29秒にロシターの3点シュートで同点。さらに残り1秒でロシターがフリースローを決めて逃げ切った。