3回、国学院栃木の最上が右中間に2点適時三塁打を放つ=ZOZOマリンスタジアム

3回、国学栃木の関が右前に適時打を放つ=ZOZOマリンスタジアム

7回、国学院栃木の海老原が勝ち越しの左犠飛を放つ=ZOZOマリンスタジアム

3回、国学院栃木の最上が右中間に2点適時三塁打を放つ=ZOZOマリンスタジアム 3回、国学栃木の関が右前に適時打を放つ=ZOZOマリンスタジアム 7回、国学院栃木の海老原が勝ち越しの左犠飛を放つ=ZOZOマリンスタジアム

 第73回秋季関東地区高校野球大会は24日に開幕。千葉市のZOZOマリンスタジアムなどで1回戦3試合を行い、本県1位の国学院栃木は東京学館(千葉2位)に6-5で競り勝ち、8強入りした。国学院栃木は27日午前10時半から、柏市の柏の葉公園野球場で行われる準々決勝で高崎健康福祉大高崎(群馬1位)と対戦する。

◇栃木県高校野球特集

 国学院栃木は初回に関凜斗(せきりんと)の適時内野安打で先制。三回は最上太陽(もがみたいよう)、関の連続長短適時打で追加点を挙げるなど五回までに5点をリードした。七回表に投手陣が崩れ同点に追い付かれたが、その裏に海老原大介(えびはらだいすけ)の左犠飛で勝ち越した。先発加藤染(かとうそま)は走者を背負いながら要所を締めて6回0/3を2失点。その後は林尚輝(はやしなおき)、中川真乃介(なかがわしんのすけ)とつないで東京学館の反撃をかわし、野手陣も無失策でもり立てた。

 大会第2日は25日に1回戦の残り4試合を行い、本県2位の石橋は午後0時半から、柏市の柏の葉公園野球場で東海大相模(神奈川1位)と対戦する。試合は保護者を除いて原則無観客で行われる。