県内88社の御朱印が並ぶ展示会場

 【宇都宮】県内の神社88社の御朱印が並ぶ「御朱印展~栃木の神社めぐり~」が29日まで、JR宇都宮駅に直結する駅ビル「宇都宮パセオ」の2階フリースペース横の会場で開かれている。

 若手神職の団体「県青年神職むすび会」の協力を得て、ビルを運営する宇都宮ステーション開発が企画した。会場には、イラストが描かれた人気の御朱印のほか、疫病退散の縁起物として地元に伝わる「黄ぶな」をあしらった特別デザインの御朱印も並び、各神社の個性を見比べられる。

 来場した富士見町、主婦奥村若菜(おくむらわかな)さん(32)は「最近、御朱印集めを始めたので気になる神社を探しに来た。字が美しい御朱印に引かれました」と見入っていた。

 同企画を担当している同社の斎藤麻琴(さいとうまこと)さん(34)は「新型コロナウイルスの影響で出掛けにくい状況が続くが、現地に足を運ぶきっかけをつくりたい」と話している。