表彰状を持つ木村館長(左)と町の担当者

 【芳賀】温水プールを備えた与能(よのう)の町B&G海洋センターの2019年度の利用率(利用者数を町の人口で割った値)が6・44に上り、18年度に続きB&G財団(東京都港区)が全国に整備した温水・加温プール110カ所の中で2年連続1位となった。

 センターは財団が98年に整備し、2000年に町へ無償譲渡された。11年からは「日本水泳振興会」(本社・東京都中野区)が町の指定管理者となり、運営に当たっている。

 19年度は利用者数(延べ人数)も9万6207人で、18年度に続き3位。18年度の10万2474人から減少したものの、順位は維持した。施設のメンテナンスに伴い、今年2月に1カ月ほど休館したことなどが減少の要因とみられる。