第9回しもつけ新聞スクラップコンクール(下野新聞社、下野新聞下野会主催)の審査会が22日、宇都宮市文化会館会議室で開かれ、最高賞の下野会賞に下野市薬師寺小3年宮崎虹采(みやざきにこ)さん(9)の「暑さに負けない!!テニスに夢中!!『熱中症』」が選ばれた。

 コンクールは、小中学生の読解力や表現力を育むことが狙いで、今回は児童生徒598人から計381点(小学生173点、中学生208点)の応募があった。小中学生ともに新型コロナウイルスと自然災害をテーマにした作品が多かった。

 入賞作品を展示する作品展は11月26~30日、宇都宮市の県総合文化センターで開かれる。

 主な上位入賞者は次の通り。(○は下野会賞)

 最優秀賞 ○宮崎虹采(下野市薬師寺小3年)善家大登(宇都宮市石井小6年)宮本智成(同市豊郷中3年)▽優秀賞 紺野あかり(同市豊郷中央小3年)石井悠太、島田航太郎、柴田晃奈(同1年)岩佐葵(宇都宮大付属小5年)屋代耕陽(那須塩原市東小6年)橋本暖菜、加藤葵(宇都宮短大付属中3年)猪瀬照英(大田原中2年)▽学校賞 宇都宮市豊郷中央小、大田原市宇田川小、同市佐久山小、同市金田北中、矢板東高付属中、宇都宮短大付属中