県警とサンリオのキャラクターがコラボする広報啓発物のイメージ(県警提供)

 信号機のない横断歩道での一時停止率向上に力を入れている県警は21日、「止まってくれない!栃木県からの脱却キャンペーン」の一環として、「サンリオ」のキャラクターを活用した情報発信を始めると発表した。幅広い世代に人気のある「マイメロディ」などの協力を得て、8割以上が停止しないという現状の改善を目指す。サンリオキャラクターと都道府県警のコラボは、全国初。

 県警はキャンペーンのアンバサダーとして、キャラクターのマイメロディとクロミに委嘱する。サンリオのキャラクター人気投票で上位のため、依頼を決めた。契約料は300万円。県交通安全協会や物流、農業などの団体で組織するキャンペーン実行委員会が負担する。