宇都宮線の終電ダイヤ改正の概要

 JR東日本が2021年春に行うダイヤ改正で、都内から宇都宮駅に向かう最終電車の時刻が繰り上げられる。新型コロナウイルスに関連する生活様式の変化も背景にあることから、宇都宮駅の利用客からは、前向きに受け止める声が上がった。

 現行の宇都宮線の下り最終は、午後11時38分に上野駅を出発し、午前1時25分に宇都宮駅に着く。JR東日本によると、改正後は、この電車は24分程度繰り上げられるため、宇都宮駅まで行かず、小金井駅止まり(午前1時4分着)となる。